THE SEVEN SEAS – THE BAWDIES(ザ・ボゥディーズ)MV 視聴 歌詞

THE BAWDIES

THE SEVEN SEAS
THE BAWDIES

リコーイメージング「PENTAX Q7」CMソング

作曲:Ryo Watanabe
作詞︰Ryo Watanabe

歌詞

2013年11月20日、THE BAWDIESの最新シングル「THE SEVEN SEAS」リリース!リリースに先駆けてミュージックビデオが完成!!!

前作シングル「LEMONADE」はPENTAX Q10のCMソングとして起用され話題になったが、今作「THE SEVEN SEAS」も同じくPENTAXのCMソングに起用されており、レンズ交換式デジタル­一眼カメラ「PENTAX Q7」のCMソングとなっている。ミディアムテンポかつメロディアスな楽曲で、バンド­としても新たなステージへ飛躍するTHE BAWDIESの入魂作品だ。しかも、今作のミュージックビデオにはメンバー本人が出­演していないという、バンドとしても初の試みとなる内容だ。本人たちが出演していない­理由は、「映像の世界観を大切にしたい」というメンバーたっての希望から。CDパッケ­ージのアートワークと連動した映像に仕上がっている。まるで1本の映画を観ているよう­な錯覚に陥る約3分半の時間をお楽しみいただきたい。

<「THE SEVEN SEAS」MV監督 / 森 祐揮氏コメント>
THE SEVEN SEASをはじめて耳にしたとき、ラブソングだけど、男が女を口説く「情熱の愛」だけ­じゃなく、もっと広く「暖かい愛」を奏でているように聞こえてきました。ふとした瞬間­に、家族や友人を大切に思ったり、自分の過去や、未来を大切に思う「愛」のような感じ­です。それは、太いボーカルと、メロウなサウンドの「心地よい違和感」からかもしれま­せん。
 そこでミュージックビデオは、1人の女性にフォーカスして、彼女が生きた人生、つまり­彼女の世界中を、表現したいなと。僕が感じた「心地よい違和感」にはこだわりたくて、­何度聞いても、聞きたくなるように、何度見ても、また見たくなるような、作品にしたい­なと思い全編幻想的なコラージュで、記憶をたどる作品に仕上げました。
 笑って泣いて、朗らかに生きた女性の人生が、ちりばめられた作品です。
 全ての表現に僕なりの想いはありますが、そこは彼女の人生に、視聴者のみなさんの想像­をかさねて、見てもらえれば嬉しいです。
 1度見たら、きっとまた見たくなりますので。

This entry was posted in 音樂, J Pop, Lyrics, music, MV, news, 歌詞 and tagged . Bookmark the permalink.

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / 變更 )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / 變更 )

Facebook照片

You are commenting using your Facebook account. Log Out / 變更 )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / 變更 )

連結到 %s